鳩対策駆除のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除のあれこれ-鳩の被害にはレベルがあった!状況を見極めて早めの対策を!

鳩の被害にはレベルがあった!状況を見極めて早めの対策を!

鳩の被害レベル

鳩の被害にはそれぞれレベルがあるのはご存じでしょうか?糞や鳴き声などの鳩による被害は住民にとって迷惑なものです。被害レベルは状況によって変化し、4段階に分けられます。

・被害レベル1 休憩鳩
鳩が移動中に羽を休める目的で利用している状況です。滞在時間は短く、騒音や糞の汚れによる被害も比較的少ないです。この段階で対策を行わなければ鳩に安全な場所であると認知されてしまいます。

・被害レベル2 待機鳩
安全な場所だという認識を持たれ、エサや仲間を待つための待機所として利用されます。滞在時間も長くなるため、糞による被害も増加します。

・被害レベル3 ねぐら鳩
休憩所として安心した鳩は、ねぐらとしても利用し始めます。ベランダの室外機の裏など、3方向から囲まれた場所を主にねぐらにするため注意してください。滞在時間も明るい間だけでなく、夜にまでなるため騒音や糞害による被害も大幅に増加します。

・被害レベル4 巣作り鳩
ねぐら鳩を放置しておくことで巣作り鳩となり、繁殖するための場所として利用されます。この段階にまで進むと、鳩の帰巣本能や縄張り意識により追い払うことがとても困難です。騒音や糞害などの被害も大きく、繁殖を行うため被害はさらに増えていきます。

レベルに合わせた対策方法

鳩の被害を防ぐためには対策を施さなければいけません。対策方法も被害レベルによって異なるため、それぞれに合った有効な対策を行い駆除しましょう。

・被害レベル1
鳩に危険な場所であるという認識を持たせ、近づかせないようにすることが重要です。鳩が出る場所を頻繁に見回りすることで、人が居るということをアピールします。

・被害レベル2
この段階での執着度は低いため、剣山や忌避剤を使うことで追い払うことが可能です。忌避剤とは鳩の嫌がる味やニオイの成分が含まれているものです。

・被害レベル3/被害レベル4
この段階にまでなると執着度も高く、追い払うことがとても困難になります。ネットを張るといった侵入を防ぐ対策を行わなければいけません。有刺鉄線や電気ショックなど、物理的な対策で強い刺激を与えることが有効です。

まとめ

鳩の被害レベルは被害状況によってそれぞれ異なります。レベルを進ませないためには早期の対策が必要です。鳩の被害に遭った場合は速やかに駆除し、被害を拡大させないようにしましょう。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

鳩対策駆除のあれこれ

ページの先頭へ