鳩対策駆除のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除のあれこれ-レース鳩と普通の鳩の見分け方は?万が一レース鳩が家に来た時の対処法

レース鳩と普通の鳩の見分け方は?万が一レース鳩が家に来た時の対処法

レース鳩とは?

鳩は巣から1000km離れていても巣に帰れると言われているほど帰巣本能の高い動物です。レース鳩はその帰巣本能の高さを利用しレースに使用される鳩のことです。もともとはカワラ鳩をならして通信用に使用していましたが、長い歴史の中でレース用の鳩として改良され今では外で見かける普通の鳩とは見た目も能力も違ったものとなりました。
レース鳩には所有者がいるため通常その目印が脚につけられています。目印のことを脚環といい、脚環には鳩の所有者名と連絡先が書かれています。脚に脚環がついている鳩はレース鳩と思ってよいでしょう。

なぜ迷子になるの

鳩は地球の磁場を利用して目的地や自分の位置を把握していると言われています。そのため磁場嵐が起こってしまえば鳩は方向感覚が狂い迷子になってしまいます。またレース中にケガをしてしまい休むためにレースから離脱することもあるようです。 レース鳩が迷子になる理由としてもうひとつあげられるのが携帯電話の普及です。磁場嵐と同じように携帯電話の電波によって磁場が変化し方向感覚が狂うため迷子になることもあると言われています。

レース鳩の身体的な見分け方

レース鳩と普通の鳩では身体的にも大きく違います。身体的な見分け方を説明していきます。 レース鳩の骨格は太くガッチリしています。脚は普通の鳩よりも太く頑丈で、鼻瘤も普通の鳩よりも大きいです。普通の鳩は細長いくちばしを持っていますがレース鳩のくちばしは太く短いのが特徴です。眼環はレース鳩のほうが広く、翼の羽は硬く強靭です。羽ばたきは普通の鳩よりも大きく強力です。 このように様々な身体的な違いがありますが、見分け方としておすすめしたいのは鼻瘤の大きさと全体的な体格の違いです。鼻瘤と体格に違和感を覚えた場合は足に脚環がついていないかを確認しましょう。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

鳩対策駆除のあれこれ

ページの先頭へ