鳩対策駆除のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除のあれこれ-タカやフクロウの人形は鳩対策に効果あり?効果的な使い方について

タカやフクロウの人形は鳩対策に効果あり?効果的な使い方について

鳥獣保護法で対策にも注意が必要な鳩

ベランダに寄って来る鳩に頭を悩ませている方は多いかと思います。空からやってきてはフンや羽をまき散らし、鳴き声の騒音や、伝染病の媒介源にもなり得る鳩は、巣を作られる前にどうにかしたい害鳥です。しかし、鳩の駆除には鳥獣保護法で厳しい規制が課せられています。直接攻撃はおろか、脅かして立ち去らせるといった対応も野鳥に危害を加えるものとして保護法に抵触する可能性があります。そのため、出来る限り穏便に鳩が寄ってこないよう忌避対策を講じる必要がありますが、カラス並みの知能を持つとされる鳩に有効な忌避対策は限られてしまいます。そこで、鳩の知能の高さを逆手にとって、天敵の人形を設置した忌避対策が有効かどうかを考えてみましょう。

天敵の人形は鳩避けになる?

自然界における鳩の天敵として、メジャーなものではワシ・タカ・フクロウといった猛禽類が挙げられます。これらの肉食性鳥類は鳩を餌として好み、鳩よりも素早く飛行して狩りを行うことが可能なため、鳩にとっても重要な天敵として認識されています。鳩は高い知性を持っているため、天敵の姿を見かけたり、鳴き声を聞いたエリアを避けて行動するようになると言われています。同時に、鳩は生活圏内で一定の同線を維持したがる傾向にあり、毎日同じパターンで巡回を行います。そのため、タカやフクロウなどの天敵を模した人形を置いておくことで、鳩がそこを危険な場所だと認識し、巡回ルートから外すことで、長期的に寄り付かなくなる効果が見込めます。また鳩は同種のいる場所に集まりたがる習性を持っており、天敵の人形で忌避させた鳩が少数であっても、大規模な群れがそれに従って逃げていく可能性があるというのも重要な利点です。

人形の設置にも注意が必要です

天敵の人形設置は鳩に対して有効と言われていますが、効果的に忌避対策を行うのであれば工夫と注意点が必要です。まず第一に、鳩は高い記憶力を持つため、常に同じ場所に人形を置いておくと、人形であることが見抜かれてしまう可能性があります。そのため定期的に設置位置を変えるなどして、生きた天敵がそこにいると鳩にアピールし続けることが大切です。糸で吊り下げて風で揺れるタイプのものや、凧のように風を受けて旋回するタイプの人形はさらに効果的です。また、マンションなどで使用する場合、人形の設置が景観を壊してしまい、苦情が入ったという事例も報告されています。集合住宅ではあらかじめ管理者の方にお話しを通しておいたほうが無難です。鳩の知性を逆手にとって、効果的な忌避対策を実施しましょう。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

鳩対策駆除のあれこれ

ページの先頭へ