鳩対策駆除のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除のあれこれ-鳩のフンは早めの掃除がおすすめです

鳩のフンは早めの掃除がおすすめです

鳩のフンの被害

鳩は、自分の体重の10分の1の量のエサを食べます。そのため、フンの量も他の鳥と比べて多く何度も掃除をしてもフンが落ちていることがあります。
鳩は自分のフンがある場所は安全と認識し、毎日おなじ場所を移動するため、
一度フンをされてそのままにしておくと何度も同じ場所にフンをされることがあります。
そして、フンはさまざまな被害をもたらすとされています。

・景観が損なわれ、清潔感が無くなる
よく公園などにいる鳩。美しい公園が鳩のフンまみれになっている光景を見たことがありませんか?また、自宅の駐車場や車のボンネットの上などにフンが落ちていると嫌な気分になりますよね。フンには臭いがあり、フンがあることで清潔感が無くなり汚くみえてしまいます。
・アレルギーや病気の原因になる
鳩は寄生虫や病原菌を持っており、鳩の羽などにいるダニやシラミによって喘息になる場合もあります。また、フンに含まれる物が人間の体に入ると過剰に反応して、過敏性肺炎や気管支喘息などを引き起こす場合があります。
・金属の腐食
鳩のフンには酸の成分が入っているため、金属のフェンスなどに長期間放置していると腐食してしまいます。橋の上やビルの屋上のフェンスなどには特に注意が必要です。
・害虫が発生する
フンそのものにも害はありますが、そのまま放置することでゴキブリなどが発生してしまいます。ゴキブリは鳩のフンまでもエサとして発生するため、更に不快な状態になってしまいます。

鳩のフンへの対処法

鳩のフンに対する対策として、まず鳩を寄せ付けないことが大切です。
ホームセンターなどには鳩対策グッズが沢山あり、自分で対策できる場合もあります。
・鳩よけネット
・剣山を置く
・忌避剤を塗布
しかし、うまく対策をしないと無意味な物になってしまうかもしれません。
例えば、鳩よけネットを使用した場合、隙間があれば鳩が入ってきてしまいます。
そして、そこが安全な場所と認識されてしまえば、鳩のたまり場になってしまうのです。
剣山や忌避剤を塗布は気軽にできる対策なので、知識などはあまり必要ではないでしょう。
しかし、鳩よけネットの設置は設置する場所を決めることから、鳩の動きなどを理解した上で設置する必要があります。

まとめ

鳩のフンを見つけたら、すぐに掃除をする。
そのことが、まず鳩を寄せ付けずにフンによる被害も軽減できる方法です。
しかし、毎回掃除するには困難な場所やすでに鳩のたまり場になっている場所には、
鳩よけネットなどの対策を行う必要があります。そして、その方法が効果的なのか不安である場合はしっかりと計画を建てて進める必要があります。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

鳩対策駆除のあれこれ

ページの先頭へ