鳩対策駆除のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除のあれこれ-忌避剤を上手く使ってハト対策

忌避剤を上手く使ってハト対策

鳩の生態と危険性

鳩といえば日本人が多く見る鳥のひとつではないでしょうか。鳩の天敵はワシやタカ、フクロウ、カラス、猫などです。しかし人間の生活環境に進出してきた鳩にとって天敵といえばカラスか猫くらいです。人間の生活環境の中で天敵と遭遇する確率がかなり下がり、比較的温暖な場所を獲得し、食糧を得ることができ、繁殖していきます。
また昔から伝書鳩として知られている通り、鳩は帰巣本能が非常に高く、離れた場所にいても本能として自分の巣へ帰ってくる習性があります。
このような点から、鳩被害にあわないためには住み着いてしまう前に対策をとらなくてはいけません。放っておくと鳩による糞や騒音だけでなく、生活環境の汚染や感染症、喘息の危険まで招いてしまいます。

鳩を撃退する方法

さて鳩による被害を食い止めるにはどうしたらいいのでしょうか。撃退しようにも法律により鳩を殺傷する行為は禁止されているようです。
忌避剤というものをご存知でしょうか。文字の通り鳩が嫌い、避けるような成分の入った薬品のことです。そんな忌避剤には種類がいくつかあります。
まずは手軽に使いやすいスプレータイプです。ベランダの手すりや窓枠など鳩のとまりやすい場所に吹きかけて飛来を防ぐ効果があります。効果がある時間に限りがあるので定期的に吹きかけて使用しましょう。
次に固形タイプ。防虫剤の鳩用だとイメージしてください。鳩の嫌がる臭いを発し、物干し竿やベランダに吊るして使用します。効果もスプレータイプに比べて長くなっています。水に濡れると溶けてしまうものもあるので、雨に濡れない場所を選んで使用し、駆除しましょう。
最後にジェルタイプ。前述した2タイプは、鳩の嗅覚に作用するものでした。ジェルタイプはこれに触覚と味覚を加えたものです。ジェルタイプの忌避剤は飛来を避けたい追い払いたい場所に塗って使用します。鳩が足にベタベタとつく感覚を不快に感じて逃げ出すだけでなく、ジェルを取ろうとついばむとジェルの不快な味や臭いによって鳩が「嫌な場所である」と認識させて撃退させることを目的にしています。

素早い対応が大切です

鳩の被害を食い止めるにはある程度初期の段階で駆除するために手を打つ必要があります。鳩は日頃から目にしている姿から想像できない凶暴性があります。また巣など自分のテリトリーには執着心が強く、一度追い払っても戻ってきては巣を作ろうとすることがあります。
ですから鳴き声がうるさい、飛来しては待機して糞で汚していくといった初期段階で、遅くとも巣を作る前、住み着いてしまう前に。対策を講じましょう。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

鳩対策駆除のあれこれ

ページの先頭へ