鳩対策駆除のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除のあれこれ-マンションでの鳩対策の施工例

マンションでの鳩対策の施工例

鳩の営巣と外敵の関係

マンションなどの集合住宅は鳩の被害が最も出やすい場所だということをご存知でしょうか。高い場所にあるので鳩にとっては安全で居心地の良い場所です。
それだけでなく鳩のもともとの住処は岩場でした。好んでいた自然環境とベランダはよく似ている構造であるといえます。つまり営巣をするのにはうってつけの場所だということです。自然界で鳩が岩場を好むのは、外敵から身を守りやすく安全な場所であるからです。ハトにとっての外敵とは、カラス・鷲・フクロウなどの肉食系の鳥や、猫です。街でもカラスと猫から身を守れる場所に営巣をしますが、天敵といえるカラスや猫も街中では餌の確保に困ることがありません。わざわざハトを襲うことはほとんどなく、鳩は増え続ける一方にあるといえます。

マンションでの鳩被害

マンションは街にいる鳩たちにとってとても営巣がしやすい場所であるにもかかわらず、わたしたちはそのことをあまり知らないでいるといえます。鳩がベランダに現れ始めた初期の段階で対策をしていれば、被害は深刻にならずに済むのですが甘く見てしまうのです。 騒音に悩まされるだけではなく、洗濯物に糞が付着して汚されてしまうこともあります。糞や羽にはウィルス感染など健康へ害を及ぼす可能性があり、フン害は深刻であるといえるでしょう。鳥インフルエンザも心配な点です。
住みついてしまった鳩には、鳩除けネットを使うなど物理的な対策に講じなければ追い払うことは困難です。伝書鳩は鳩の帰省本能の高さを利用したものですが、ドバトにももちろん備わっており執着度はなかなかのものです。
マンションのベランダにはエアコンの室外機があると思います。その室外機の下は、3方向を囲まれており、営巣をする岩場の自然環境に近いため最も被害が出やすいポイントです。

対策のヒント

鳩は朝から活動を始め夕方になると巣へ戻ってくる習性があります。そのため、朝と夕方に鳩を見かけるのであれば、すでに住処となっている可能性が高いです。速やかに鳩が戻って来られないよう物理的な対策を講じる必要があります。
ベランダ面をすべて覆うように鳩除けネットをかけます。現在被害にあっているのが1か所に限定されていたとしても、一つのベランダを覆うだけでは不十分です。マンション全体で協力し、鳩を遠ざけなくてはなりません。ネットの仕掛け方も、技術がないと潜り込まれてしまうことがあるので注意が必要です。
大切なことは、鳩の行動パターンを知り理解したうえで被害へ対処することです。
敵を知り己を知れば百戦危うからずという言葉がある通り、鳩の習性をよく理解して対処を行うことで、より効率よくハト対策を行なうことができるでしょう。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

鳩対策駆除のあれこれ

ページの先頭へ