鳩対策駆除のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除のあれこれ-定期的に対策方法を変更することも必要です

定期的に対策方法を変更することも必要です

鳩は頭の良い動物です

鳥頭というと3歩歩けばすぐ忘れるという意味合いで使われますが、実際の鳥は頭が良いと言われていて、鳩はその代表例です。鳩駆除の際もそれがネックになることが多々あります。
ここでは鳩の頭の良さに対抗するための鳩駆除方法を見ていきます。

鳩を撃退するための方法は定期的な変更も必要

鳩を撃退するための方法には様々なものがありますが、その中でもカラスや猛禽類の置物というのは視覚的効果を期待した代表的なものの1つです。
また、忌避剤は、持続効果を持つものでもあり、臭いによる防鳥効果を期待しているものです。忌避剤などを用いることもありますが、いずれも臭いで鳩を撃退しようということは共通点です。
これらは最初こそ鳩の撃退効果が見られるものの、徐々に効果が薄れ、やがて鳩はこれらの対策が施してあってもお構いなしに侵入してくることがあります。
これは鳩が、遠くから様子を伺いつつ、安全地帯かどうかを判断しているからだと言われています。鳩は通常、巣やその候補となる場所があっても、そのまま進入することはありません。一旦どこか安全なところから監視をして、問題がなければ飛んでくるという飛来パターンをもっています。
この時点で、忌避剤や置物類は効果があるのですが、何日か経つと、これが自分に危害を与えるものではないと判断して、今まで通り入り込んでくるようです。
これが鳩が頭の良い鳥と言われる所以で、対策をしているのに鳩が我が物顔で営巣されるのは、対策を見破られているからです。
これに対抗するためには、鳩がその方法に慣れて入り込む前に、新しい手を打つことです。
忌避剤で対応した次は、鳩よけのカラスの置物、その次はベランダの手摺部分に剣山…というように、様々な鳩の撃退法を試していくと鳩が入りづらいベランダを作ることができるかもしれません。

物理的に侵入できなくする

色々な鳩の撃退法を試しても、中々効果が上がらない場合もあります。
そもそも鳩は「ここ」と決めたら巣の場所を変えることはめったになく、鳩が巣作りを始める前に対策を打つのが本来重要とされています。
この際、鳩を物理的にベランダに入れない方法もご検討されてはいかがでしょうか。
ベランダの鳥よけネットは、鳩対策における最終兵器のようなもので、きちんとベランダに鳥よけネットを展開できれば、鳩が入り込むことができなくなるので、今までの対策がウソのように鳩の撃退が上手く行くかもしれません。
ただし、ベランダに鳥よけネットを展開すると、美観を損ねるという理由でマンションやビルによっては利用ができない場合もありますので、その点注意が必要です。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

鳩対策駆除のあれこれ

ページの先頭へ