鳩対策駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除業者のあれこれ-鳩の巣ができる前にやっておきたいこと

鳩の巣ができる前にやっておきたいこと

鳩を住み着かせない!

鳩は道端などで見かける分には可愛らしい動物ではありますが、それが家に住み着いてしまいますと問題です。鳩の存在感や鳴き声、糞などは徐々に私たちの健康を蝕んでいきます。商業施設や工場などでは、鳩が業務の妨げになってしまう事もあります。
そのような被害を防ぐためにも、鳩の対策が必要なのです。鳩が巣を作ってしまいますと、鳩を撃退する事は困難になってしまいます。そうならないよう、なるべく巣を作る前に鳩対策を講じるようにしてください。

巣を作る前にやっておくべき対策

鳩は、すぐに営巣するわけではありません。始めのうちは、鳩はベランダなどに飛来し、そこで羽休めや仲間との待ち合わせをするようになります。この時点では鳩被害は大きくはありませんが、そのまま放置していれば最終的に鳩は巣を作ってしまいます。こうなると鳩の帰巣本能と縄張り意識が相まって、鳩の駆除は困難になります。つまり、鳩が巣を作る前が勝負です。
ご家庭でもできる対策はいくつかあります。まず、鳩撃退グッズを利用する方法です。代表的なものとしましては、鳩が留まるのを防ぐ「剣山」、鳩の嫌いな臭いや味で遠ざける「忌避剤」、鳩の侵入を物理的に防ぐ「防鳥ネット」などがあります。これらはホームセンターやインターネットの通販などで簡単に購入する事ができます。
他には、鳩の糞を掃除するという方法があります。鳩は、糞が放置されていますと安全地帯と認識して住み着きやすくなる傾向にあります。そのため、鳩の糞を掃除することは鳩対策につながります。また、鳩の糞は悪臭だけでなく感染症の原因にもなりますので、健康被害に遭わないためにも掃除は必須です。

鳩対策の注意点

上記の鳩対策を駆使すれば、鳩が巣を作ってしまうのを防ぐことができます。しかし、鳩対策には注意点もあります。
鳩の撃退グッズですが、その種類や施工方法によっては思ったような防鳥効果が得られないことがあります。例えば、剣山は柔らかい樹脂製のものであったり、隙間が大きく広がっていれば、剣山の上に巣を作られる事もあります。また、頼りになる防鳥ネットも隙間が開いていれば侵入を許してしまいます。忌避剤は塗布するのは簡単ですが、持続効果に難があります。
糞掃除では、乾燥した糞を吸引しないようにマスクや手袋などで防備しなければいけません。場合によっては、衣服や掃除道具に付着した糞を屋内に入れてしまう事もあります。
鳩対策はご家庭でもある程度は可能ですが、効果の薄い方法を繰り返していれば鳩が巣を作るのを防げないでしょう。そこで、鳩駆除業者の出番となります。鳩駆除のプロなら、素人が行うより遥かに充実した対策を行ってくれます。また、鳩に巣を作られてしまったとしてもきちんと手続きを踏んだ上で撤去してくれます。いざという時は、プロの手を借りるようにしてください。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

鳩対策駆除のあれこれ

ページの先頭へ