鳩対策駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除業者のあれこれ-鳩の行動パターン

鳩の行動パターン

段々と近づいてきます

鳩の対策はなるべく早めにやっておかないといけません。なぜなら鳩は段々と人間の生活圏の中に入り込み、自分の生活圏にしていくからです。そのことによって多くの被害が発生します。
これを防ぐための鳩の駆除を本気でやるという場合には早めにやっておくことが肝心と言えます。そうでないと鳩に居座られてしまうからです。そうならないためにも鳩の行動パターンを見て、どのようにしてやってくるのかを確認しておきましょう。

寝床にし始めたら要注意です

・休憩場所として利用
鳩がベランダにやってくるのは、まずは休憩を目的としております。ビルやマンションの間を飛んできて、移動の時の羽休めとして利用するのです。時間帯は明るい頃で、長く滞在することはありません。
しかしこの間でも糞による被害はベランダ床に出ますので、この段階でなるべく鳩の対策に踏み切るか、鳩の駆除を実施しましょう。まだ様子見の段階であるために鳩の撃退はそこまで難しくありません。追い払うと意外と簡単に鳩は撃退されます。 この時に鳩の駆除などをしないと、次の段階に進みますのでご注意ください。

・待機場所として利用
鳩がベランダを待機場所として利用するようになるのです。餌を待っている時や仲間を待っている時に過ごす場所になります。
休憩場所として扱われていた時よりも滞在時間は長くなりますので、糞や羽毛による汚れが広がってしまいます。
トキソプラズマ症などの原因であるばい菌が飛散されますので気をつけないといけません。床だけではなく洗濯物にも被害が出ますので、糞や羽毛はすぐに掃除をしてあげましょう。
この段階でも鳩の駆除や鳩の対策で鳩を撃退することが可能です。執着心から多少粘りますが、徹底することで鳩も別の場所に逃げていきます。

以上の段階でも執着度が強い鳩は自分の居場所であるとい続けることがありますが、適切な鳩駆除によって対処は可能です。なるべくこの段階で鳩駆除を行うようにしましょう。

巣を作り始めたら最悪の状態です

・ねぐらとして利用
休憩場所、待機場所として鳩がベランダを利用した後でも鳩の駆除などをしなかった場合は、そこが鳩のねぐらになってしまいます。夕方から夜にかけて鳩の居場所になりますので、これまでよりもずっと糞の量が増えてしまうのです。飛来する鳩の数も増えることがありますのでより被害が酷くなります。
この状態でも鳩の対策などを打たないと、最後の段階に入ってしまうでしょう。

・巣として利用
ここまでで鳩駆除などを何もしないと、鳩がベランダを鳩の巣の場所として利用してしまいます。鳩が巣をそこに作ってしまいますので、それだけ鳩にとって安全地帯であると鳩が習性から理解したということです。糞害などはより多くなります。 この段階になると、その場所を完全に自分の居場所と考えていますので鳩の駆除を徹底しても再び戻ってくる可能性が高くなるのです。鳩の巣が作られる前に駆除を徹底しないといけません。

鳩の駆除については、このように鳩の行動パターンを把握しておかないといつの間にか鳩に居座られてしまいます。
鳩が巣を作る前に、なるべく鳩の駆除をして面倒ごとをなくしましょう。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ