鳩対策駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除業者のあれこれ-鳩対策の第一歩、侵入防止で被害を削減

鳩対策の第一歩、侵入防止で被害を削減

入り込ませないことが重要です

鳩は帰巣本能が大変高い動物です。その性質から伝書鳩として使われたり、軍用利用もされたことがあります。現在でも、レース鳩として活躍する鳩は大変多いです。もちろん野生の鳩にも帰巣本能は備わっており、その強さが昨今の鳩害の原因になっています。被害を少しでも減らすために必要な鳩への対策は、侵入防止がポイントになります。

鳩よけネットを使ってみましょう

鳩よけネットは、鳩が侵入する恐れのある建物の開口部、例えばバルコニーやベランダ、換気扇の排気口などに設置することで、物理的に侵入防止を行なうもので、鳩の駆除にもよく使用されるものです。鳩が入ってきて困る場所から、一旦全ての鳩を追い出すなどしてからネットを張ることで、鳩が入り込むことが出来ない空間に出来ます。この鳩よけネットを使用した鳩駆除は、鳩への対策としては大変ポピュラーなものですが、一方でネットが視線を遮るため、景観が悪くなるという欠点があります。また、しっかり張っていないネットの隙間から、無理やり鳩が入り込む場合があるので、鳩よけネットを使う場合は、隙間ができないようにピッタリと張ることが重要です。

ワイヤーもあります

鳩の侵入防止には、ネットの他にも防鳥ワイヤーを使うという方法もあります。ワイヤーは、屋上などに使用されることが多いタイプです。手すりなどの上に細いワイヤーを何本か渡す形式になっています。ワイヤーは鳩がそういう場所に入るとき、一旦手すりなどに止まってから侵入する性質があるのですが、それを邪魔することで鳩の侵入を防止する停止防止効果があります。鳩が止まる場所にしようすることで、鳩の鳴き声や糞害を解決することができるかもしれません。ネットに比べて視線を遮りにくいため、ネットの代用として使用される場合もあります。

設置が難しい場合

鳩対策をDIYで行なう方も中にはいらっしゃるようですが、高所や狭所での作業になることが多いようです。設置不備による鳩対策の不十分さが、被害を長期化させることにもなりかねません。鳩の鳴き声がうるさいといった被害から始まり、鳩の糞による臭い、トキソプラズマ症やアレルギー疾患などの病気やダニなどの害虫の発生など、実に様々な被害が考えられますので、それらを防ぐためにも、確実に鳩の駆除が出来る業者にご相談されるのも良い手段です。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

鳩対策駆除のあれこれ

ページの先頭へ