鳩対策駆除業者のあれこれ

  • TOP
  • 鳩対策駆除業者のあれこれ-忌避剤の役割と使い方

忌避剤の役割と使い方

しつこい鳩

鳩は気に入った場所にはい続けようとします。そのために家の屋上やベランダに鳩が現れたら、すぐに対策をしてその駆除をする必要があります。もしそうしないと鳩がその場に営巣して、糞による汚れの被害や鳴き声による騒音を出してしまいます。糞害は建物の美観を悪くしますし、人にとっては病気の原因になることもあるのです。しかし、鳩はかなり執着心が強く、しつこい害鳥として知られています。駆除をしようとしても、どれだけ対策をしても何度も戻ってくることがあるのです。こうした鳩被害を防ぐためにも、適切な忌避剤の使い方を知っておきましょう。

忌避剤とは

駆除というと空気銃などで撃って死骸にする印象があるかもしれませんが、鳩は鳥獣保護法で守られているために追い払うというのが基本方針になります。そこで活躍するのが忌避剤です。鳩が嫌がって居心地悪くなるようになる味、臭いの成分が入った薬剤のことです。殺鼠剤や殺虫剤などのように鳩を殺すことはできませんが、追い払う鳩撃退の役割があります。忌避剤は状況によって使い分けられるように様々なタイプが作られていて、それは鳩への忌避剤も同じです。代表的なのはスプレーで薬を霧吹きするタイプ、固形薬剤を使ったタイプ、そしてジェルの薬剤を使ったものになります。

鳩への忌避剤

それぞれの忌避剤を、鳩に対してどのように使っていくのかをご説明します。

【スプレータイプ】
まずスプレータイプはハトが降り立つベランダ床や手すりなどに使うことで鳩に嫌がらせをし、そこに飛来しないようにさせることが可能です。人が吸入しても問題のないものを使いましょう。持続効果は4時間ほどですので、継続的に使う必要があります。

【固形タイプ】
固形タイプの忌避剤は設置をするもので、設置位置はベランダや手すりなどです。臭いの効果によって、距離を離しておくとより広範囲に防鳥効果が出ます。効き目は1ヶ月ほどです。

【ジェルタイプ】
ジェルタイプの忌避剤は味覚、嗅覚、触覚に作用して鳩の寄り付きを防ぎます。嫌な味、嫌な臭い、ゼリー状なので触るとべたべたするため、これらを鳩が嫌がるのです。こうして執着度を上回るくらいに嫌な思いをさせ、鳩被害を防ぎます。この設置場所は鳩が止まりそうな場所で、ベランダや屋上などどこにでも設置ができるのです。効果期間はなんと1年ほどという長期間となっています。鳩対策にはよく用いられるものです。

しかし、どこに忌避剤を設置をするとより効果的になるかは皆さまでは分からないかと思いますので、これらの忌避剤はその役割と使い方をよく知る専門業者に使用をまかせましょう。鳩害専門業者にまかせた方がより効果的な鳩駆除が期待できます。

鳩対策駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめ鳩110番

鳩110番

サイト名 鳩110番
URL http://www.hatotaisaku-a.com/
TEL 0120-949-108
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ